Print this page

胃・大腸内視鏡

Written by  Read 11530 times

胃内視鏡検査 *

・食道、胃、十二指腸の内視鏡による検査です。潰瘍、がんの早期発見・早期治療につながります。ベトナム人または日本内視鏡学会専門医がオリンパス社製ファイバースコープを用いて検査を行ないます。

・咽頭麻酔、鎮静剤の投与により、検査の負担を最小限に抑えます。所要時間は5~15分。

・嚥下困難、胸焼け、胃もたれ、むかつき、痛みなどの症状が気になった場合、内視鏡検査を受けましょう。

 

*近隣施設で施行いたします。

 

大腸内視鏡検査 *

・直腸、大腸の内視鏡検査です。大腸がん、ポリープの検索、治療を行ないます。

ベトナム人または日本内視鏡学会専門医がオリンパス社製ファイバースコープを用いて検査を行ないます。

・腸管を洗浄するために下剤の内服が必要になります。鎮静剤の投与をいたします。所要時間は15~30分。

・血便、黒色便、貧血、便秘、下痢を繰り返す、無症状でも便潜血検査が陽性の場合、大腸内視鏡検査をお勧めします。

 

*近隣施設で施行いたします。

 

詳細はお問い合わせ下さい。

 

2017Oct16 13h43

 

 
Rate this item
(0 votes)
Last modified on 月曜, 16 10月 2017 13:43
TOKYO-CLINIC

Latest from